若手の方が、乳幼児の年金のようなものをはじめたいと、ニュースになり伺いました。これで、子供は確実に増えると思います。間違いないです。金さえもらえればいいのですから。ただし、これはいいことかと思ってしまいます。もちろん、子供を持つのは大賛成です。
ただ、育児休暇の延長といい、お母さんたちをさぼらせるだけではないのでしょうか。果たして、仕事できますか。もっと、お母さんたちに足元を見るような仕組みを作らないと、ただ、お金が入るという感覚です。もらわないと損するということです。
それよりも、あまりに小さいお子さんに手当を厚くすると、あとあと、本当に困ってくると思います。なぜなら、お金がほしくてほしくて困ってくるのは、ずっと後なのです。中学生。これからが、一番厳しい時代なのです。
そのころには、お母さんは仕事をバリバリしているはずだから問題ないと思っているのかもしれませんが、果たしてそうでしょうか。もらってやめるのではないでしょうか。子供が学校に行きだすと、一人で留守番させるのもかわいそうになるのです。大学生に支給するほうが、ずっと、安心感があるのに、どうして、そこがわからないのか不明です。これだと、産みっぱなしになってしまいませんか。それでもいいのでしょうか。よくわかりません。
中学生の費用と言ったら、想像を絶します。高校、大学はさらにです。そこに手当するべきではないでしょうか。小さいころはかかりません。
酵素ドリンクファスティング!効果的なやり方のコツ